明日から後期が始まる9月7日、
 第3回目の特別講座をおこないました。
 授業が始まる前日から意欲的に制作です。
 講師は、卒業生の本原靖康さんに
 お願いしました。
  
 



最初の1時間は本原さんの学生時代の課題、
毎年出品している「新美工芸会」の作品を見ながら
10数年の制作を続けるなかで、
どうしたらロクロが上達できるのか、
どのように表現したらよいのか悩んだこと、
心地よい表現とは、など話してもらいました。
これから学生たちが、制作に悩んだ時、
本原さんの言葉を思い出してくれたらと・・・。

その後は、工房に移動して制作です。
今年の課題は、
「縦30cm横20cm厚み1cm程度のタタラ板に
表彰楯を作る」というものです。
自分が何かの賞を受賞したと仮定して、
その表彰楯を作るということです。
賞は架空のもので、
例えば天王寺陶芸展グランプリ受賞とか、
美章園ビエンナーレグランプリ受賞とかいうような感じです。
これもただ文字だけではなく、
デザイン化されたユニークなものを考えました。
 

 タタラ板は昨日つくり、
 課題内容は7月に伝えてあります。
 各自、夏期休暇中にある程度の構想はできていたようですが、
 いざタタラ板を目の前にすると、
 思うように手が進みませんでしたが、
 予定時間内にどうにか仕上がりました。
 この後、乾燥させ、装飾し、釉薬をかけて焼成です。

 何年かさき、彼らがコンクールで、
 このような表彰楯を受け取ることを
 実現させたいものです。
                      (陶芸研究室) 
 

おはようございます。
台風16号は西日本東日本の太平洋側を進む見込みで、
西日本を中心に猛烈な雨が降るそうです。
7時の時点で、
大阪府下に暴風警報が発令されていましたので、
本日の1,2時限目の授業は休講です。
この後、10時の時点でも警報が解除されていなかった場合は、
全学休講となります。
警報情報をこまめにチェックしてください。

<<台風による休講について>>

大阪府下に暴風警報が発令された場合、下記の通り休講とします。 
ただし、台風接近による大雨警報、洪水警報のいずれかが
発令された場合も、同様の扱いとします。
休講となった授業については、
後日、補講等の処置を行いますので、
掲示等に注意をして下さい。

1.午前7時までに解除された場合・・・通常通り授業
2.午前10時までに解除された場合・・・1、2限目の授業休講、3限目より授業
3.午前10時までに解除なし・・・ 全日休講

 

写真展のご案内

2016年9月 2日

もうすぐなのですが、写真展が開催されます。
『視点』というタイトルで、
それぞれの眼を通して見た「今」を
切り取った写真展です。

丸川南は本校を卒業したばかりの新進気鋭のデザイナー、
北林孝介はアニメーターでグラフィックデザイナー。
ちょっと異色のコラボレーションです。


最新のデジタルカメラや、
今や使い方が…?のフィルムカメラなどの
レンズを通した景色や空気が、
どんな風に焼き付けられているのか楽しみです。

展覧会という舞台で、
真摯に対称と向き合う感性に
出会いに行っていただければ幸いです。


丸川南 / 北林孝介 2人展 『視点』
2016.9.6[Tue]ー9.11[Sun]
Open 12:00ー19:00  ※最終日は18:00まで
Photo Gallery 壹燈舎(ittosha)
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel 06-6121-6202
http//ittosha.server-shared.com/

(総合アート学科 教員 長沢亮)
 

 夏季休暇に入ってすぐの7月28日、
 空間デザイン専攻2年生の特別講座が、
 今年も大阪市中央区の
 《イトーキ大阪ショールーム》にて開催されました。

 株式会社イトーキは、
 1890年に伊藤喜商店として創業以来、
 オフィス空間から公共空間、
 そして生活空間まで、
 人をとりまく様々な「空間」「環境」「場」づくりの
 最先端を走っている企業です。



空間デザイン専攻2年生後期から始まる
“仕事の空間”の学習の為の重要なヒントにもなる
特別の講座です。
今回も大変暑く、汗だくでしたが、
全員スーツ姿にネクタイをしっかり締めて、
当然のように開始時間前に勢ぞろいです。
(後日、「とても暑いのに皆さん方しっかりスーツを着用して、
気持ちが伝わりました。」と、電話でほめていただきました。)
 

 
 イトーキ関西支社営業推進部の吉松さんが、
 “三つのテーマ”をコーディネートしてくださいました。
 今年は株式会社イトーキ関西支社長の吉村さんが、
 はじめの「ご挨拶」に続き、
 《テーマ1》の空間デザイン事例を
 なんと直々に講義してくださいました。
 具体的なお仕事の事例について、
 詳しくわかりやすい事例紹介と講義でした。



かなりたくさんの事例でしたが、
ほんの少し映像を見ただけで、いつのどこのどういう物件か、
そのエピソードまで瞬時にお話しして下さる姿は、
あとで生徒たちが
「カッコいい」と言うのも理解できます。

そのあと《テーマ2》のICT事例
(Information and Communication Technology)
静止画・動画・音声を組み合わせた
プレゼンテーションシステムの講義を、
西日本ICTメディア室長の田口さん
いろいろな事例を紹介してくださいました。

休憩をはさんで、生徒たちが待っていたのが
《テーマ3》のライブオフィス見学です。
これは職場をショールーム化する-臨場感体感学習-です。
つまりイトーキ大阪の実際に業務として
使用している全フロアを
1階から9階まですべて自由に見学出来るのです。
実際に業務をされているすぐ近くを
生徒たちが普通に歩いているのは、何か違和感もありましたが、
何よりどのフロアの社員の方もすべてが
我々に明るく挨拶をしてくださいます。
これだけ大きな会社で、
すべての社員の方が同じ考えで
仕事をしているのは素晴らしい事と思えます。

ライブオフィス見学は、
大阪ショールームの水町さん
丁寧に案内してくださいました。
生徒たちも時間をかけて、
自分の体で製品に触れて、
使用する感触を確かめていました。
しっかりデザインされた空間も椅子やテーブルも、
〔いいものはいい〕のひと言につきます。

そろそろ予定の時間もおわりに近づきました。
最初の部屋に戻って、冷たいものをいただきながら、
今一度の質疑応答です。
「こういう時は、しっかり質問するものです。」と教えられ、
生徒たちの熱心な質問に対し、
丁寧にお答えくださいました。

 
 関西支社営業推進の吉松さんには、
 最後にイトーキビルの玄関口までお送りいただき、
 記念写真を撮らせていただきました。
 感謝いたします。
 そして、とりあえずの現地解散でした。
 有意義な時間でした。

 (空間デザイン専攻 齋藤信)

 


7月27日(水)で前期授業も終了!
翌日28日からは
待ちに待った夏季休暇が始まりました。

アルバイト!友達との時間!
帰省!昼寝!旅行!作品制作!などなど…
色々な夏の過ごし方がありますが、
みなさん、お元気で。
楽しい夏をお過ごしください!

〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」

夏期休暇中の事務局に関するお知らせをします。

<<夏季休暇中の事務取扱の休止期間>>
8月10日(水)ー8月20日(土)
および8月6日(土)・27日(土)

この期間は、
証明書や学割の発行、教室の施設使用(学生ラウンジも)などが
出来なくなります。
電話での対応も行っておりませんので、ご注意ください。

諸証明(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書・学割等)の
発行については、8月4日(木)までに申し込んでください。
※8月5日(金)以降の申し込みは、8月22日(月)以降の発行になります。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

カウンター

  • アクセス累計  
  • 本日のアクセス 
  • 昨日のアクセス