2010年4月アーカイブ



4月某日の朝、
美専のエントランスホール・・・。
なにやら興味深い、
怪しい動きが見られます・・・

この一団、
全員が立派なカメラを首から提げています。
そして隙あらばカメラを構え、
お互いを撮りまくっています。

これは一体・・・?!
 


       謎の集団の正体は、藤原純子先生
       写真実習の授業を受講している
       グラフィックデザイン専攻の2年生でした。

       もちろん藤原先生もいらっしゃいますよ!




 


 

学生たちが持っているのは、
最近美専にやって来たばかりの新品のデジタル一眼レフカメラ

なんと美専には、学生たちがこうやって使うことのできる
一眼レフが10台用意されているのです!

前期授業も始まったばかり、ということで
今はカメラの操作に慣れる段階でしょうか。
学生同士でカメラの操作方法や撮影のコツを伝授しあったり・・・。
 
 
  未知の物体を知っていくのはワクワクしますよね!
 携帯電話を新しくしたときの気分がそれです。

 カメラと携帯はまた別物ですが、
 ワクワク感は似ているのでは・・?
 彼らもまさに今、ドキドキワクワク
 味わっているに違いないです!

 その証拠にみんな、
 すごく楽しそうな顔をしていますから

 いいですねー、
 充実した学生生活送ってますねー。
 なんだか私も、カメラがほしくなってきましたよ!!
 

皆さん藤の花は、ご存知ですか?
日本の固有種で、本州、四国、九州に広く自生し、
4月から5月ごろに開花します。ちょうど今ですね。

藤は古来から、日本人の間で親しまれてきました。
絵画や、着物や陶器といった工芸品の柄としても多く描かれています。
また平安時代には、貴族の間で藤の花を愛でる宴が催されたそうです。
藤の宴・・・いやあ、雅ですね!!

 そんな風流な藤が、ここ美専の中庭にも植えられています。

 中庭は吹き抜けになっていて、
 ちょっと外の空気を吸いたいな、
 という時などにもってこいの憩いのスポット
 
 藤の花はちょうど今が咲きはじめ、
 私を見て!と花開いています。
 
 この美専の藤、
 今年は例年に比べて花がたくさん咲いたそうですよ。
 実は去年、造園業者の方に
 肥料をたくさん入れてもらったおかげだとか。

 紫色の花の房がたくさん垂れ下がっているのは壮観ですし、
 見ていると心が癒されます


でも、中庭で藤の花が咲いていることに
気づく人は意外と少ないのです。
私も教えてもらうまで知りませんでした

なぜ皆が知らないうちに咲いているのか?
美専の藤は高い位置に花があるので、
目線を結構上のほうにしないと、
花に気づかないというのが1つ目。




                 
                  そして、藤の花が咲くのは
                  新年度が始まってすぐなので、
                  いろんなことに慣れようとがんばっている内に、
                  いつの間にか花の時期を過ぎている
                  というのが2つ目でしょうか。




4月はお天気もあまりすぐれませんでしたね。
もうそろそろ季節も5月を迎えます。

五月晴れという言葉もあるように、
青空が続く日々が
もうすぐやって来るはずです。

外に出て、空を見上げてみてはいかがでしょう。
何か新しい発見があるかもしれないですよ!


 

受験生のみなさんは、美専ってどんなところだと思いますか?
とーってもアットホームで自由な校風なのです。

そんな美専の良さが一番わかるもの。
それが「味本」という学校案内のサブパンフ。

昨年初めてつくったところ、かなり評判がいいので、
第2弾をつくっちゃいました

噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな本。
ここで紹介してる学生さんや先生に生で会うと、
もっと深い味が出ますよ。

今日はそんな「味本」の出来るまでを、
ほんのちょこっとご紹介、その2回目です。
  
  卒業生の取材日記は → 4月2日ブログ


学生さんに集まってもらって、こんなポーズでパチッ
撮影会は、後期授業が終わりかけの1月末のこと。
まだまだ寒い頃でしたが、じんわり汗が出てきます。
カメラマンさんのOKが出るまで、
この体勢でじーっとしてるのって結構大変そう。
でも「笑ってー!」って言われるし・・・

これはBISENの頭文字「B」を表現したもの。
うーん見てるだけで肩が凝ってきます。
こんな態勢は、普通の生活じゃしませんもんね

これは「味本」の最初の方のページに登場します。
「BISEN生100人 ホンマのホンネ集」4ページ
ドドドーンと学生さんたちが大集合。
さまざまな表情でモデルをつとめました。
着ぐるみだっているんです!

ページをよくよく見ると、先生もいるぅう!!
じっくり真剣に探してみて下さい。若い人にしかできない、このポーズと思いきやっ!
かなり無理してる、体の硬そうな人が・・・

 ほかにもアンケートを書いてもらったり、
 一人暮らしの自宅を公開してもらったり、
 学生生活のなまなましいところが大きくクローズアップ。

 みなさんお手元に届くのは、ちょっとだけ先ですが、
 もう各地の説明会で手にすることができますよ。
   詳細はこちら → 進路相談会の日程

 皆さんの住む町の近くで開催されたら、
 迷わず出かけて下さいね。

 どんな学校なのか気になってしょうがないって人は、
 電話予約で学校見学もありですよ。
   TEL 06ー6713ー4466 (入試係)

4月13日(火) ポカポカとした天気の中、
プリントメイキング専攻の1・2年生と先生方で
奈良県立美術館『M.C.エッシャー展』を見に行ってきました。

エッシャーという人は、だまし絵などで有名なオランダ出身の版画家です。
視覚の魔術師ともいわれています。

1・2年合同でこんな遠出をすることはあまりないことなので、
みんな遠足気分で楽しみにしていました。


 













奈良の名物といえば、やっぱり鹿ですよね。
鹿と一緒にご飯でも食べようか?と
鹿せんべいを買って公園へ。

せんべいを見た途端、我先にと走ってきた鹿に
囲まれてしまいました..。
逃げまどうみんなをよそに優雅に鹿を
手なずける強者もいました。

そして目的である『M.C.エッシャー展』へ!
今回はよく知られているエッシャーの代表作も
数多く展示されていました。

風景や動植物、建築や幾何学的な図形、現実ではありえない世界が、
木版画やリトグラフといった版画の技法で描かれていました。

 綿密な計算がされたデザインや、
 気持ちいいぐらい失敗のない版画に
 エッシャーの几帳面な性格が伝わってきました。
 一緒に行った先生方も思わず、
 『やっぱりすごい』 と口にしていました。

 CGが多く活用される時代になってきましたが、
 「版を作って、手作業で刷ることは、
 無限に可能性があるんやなぁ」と
 認識させてくれた良い機会になりました。

 時間がたっても色あせない作品を作って
 いきたいなと思いました。

みなさんも、機会があれば是非行ってみてください。
せんとくんと記念撮影も忘れずに! 

  (プリントメイキング専攻2年 渡邉萌友子)


桜満開、胸躍る4月。
今年もやってきました、恒例の美専キャラクター造形学科の新入生歓迎ボーリング会!
1年生、2年生、卒業生?が入り乱れて、いざ、くまたボウルへ。
ゾロゾロとそこそこ長い列が続きます。 総勢20数人、なだれ込むようにレーンに散らばりました。

  
 
親睦目的のボーリング大会、本来は和気あいあいとやりましょうモードなんですが、
何だか怪しげな?緊張感をはらんだ展開もありで、大会が始まりました。

GTN(何の頭文字?)の始球式でゲーム開始。
ボーリング場にピンの跳ねる音がこだまします。ガーター、スペア、ストライク!!
ここそこで歓声が上がり、徐々にゲームはヒートアップ…。

 それぞれが参加者のスコアを気にしはじめ、
 隣のレーン、その隣とうろつきます。

 Yみ先生現在トップ、N沢先生、F田ロビンそれを追う展開、
 気合いが入ります。
 学生そっちのけで、熱い戦いが繰り広げられました。

 結局、F田ロビン圧勝、Yみ先生、N沢先生、
 何と1ピン差でN沢先生の勝ち。
 

     Yみ先生、頑張れ!!!

最終フレームでの逆転劇に熱くなること、熱くなること。
学生たちもそこかしこで熱戦を展開、
大会は最高潮です

気がつけば、アッという間の2時間が経過、
怒濤のバトルも終わりとなりました。

最後は集合写真におさまり、
これからの学生生活に思いを馳せる夕刻でした。
頑張れ!!新入生。明日はどっちだ…!?

 (キャラクター造形学科教員 N)
 


<< 1 2 3 4

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ