今年のクリスマス、こんなインテリアはいかが?

 クリスマスまであと一ケ月ほど。この季節になると、
  街はもうクリスマスカラーで溢れています。
 美専近くの駄菓子屋さんも、夜はこんな具合
 いくつか配線が切れてるのは、ご愛嬌
 日本では、クリスマスは年末のイベント の
  1つとして定着していますね。

 11月9日(火)、プロダクトデザイン専攻1年生、
 鈴木球也先生生活用品デザイン」の授業で
 プレゼンテーションが行なわれました。
 

プレゼンのテーマは、
『シンプルなクリスマスツリー

モミの木を飾りつける本格的なツリーではなく、
インテリアとして置ける、コンパクトでデザイン性の高いツリー。
高さは40cmくらいで、比較的購入しやすく
部屋の邪魔にならない大きさです。

まずはターゲットをイメージし、コンセプトを設定。
「年齢や性別、どんな生活?どこに置く?」
それによって、デザインの方向性が全く変わってきますね。

コンセプトができたら、デザインを練って、スケッチを描き、制作に取り掛かります。
ツリー本体は発泡スチロールを熱線(ヒーター)で切り出し、形づくっていきます。
決して既製品を使っているわけではないんですよ!
そしてデコレーションは、ツリーがデザインスケッチにより近づくような素材を
学生さんがそれぞれ探し出していきます

  

全員の作品を前に並べて・・・、さぁプレゼンです!
一人ひとり作品の前に立ち、以下の事を含めたコメントを発表していきます。
1.コンセプトに合致しているか
2.デザイン性についてのコメント
3.制作(技術面)についてのコメント

その後、自分の作品を、デザイン点技術点に分けて採点します。
設定したターゲットにふさわしいツリーになったか、
全体のデザインのバランスは取れているか、発泡スチロールのカットはきれいにできたか。
自分の長所と欠点を客観的に知るために、自分自身で点数をつけるんです。

そして値段。いくらなら自分のツリーは販売することができるか。
他の学生たちにも、いくらならそのツリーを買うか尋ねます。
「1980円!」「いや2500円!」「私なら3000円!」
と学生たちが口々に言う光景は、なんだか市場の競りを思い浮かべました(笑)

  

1年生はついこの間、3年生の卒業制作プレゼンテーションを見たばかり。
(卒業制作プレゼンテーションの様子はコチラ→11月8日のブログ
改まった場で喋るのが、いかに緊張することか、肌で感じることができたはず
企業で行なわれるプレゼンテーションでは、駆け引きのテクニックが必要です。
出すぎてもダメ、引きすぎてもダメ。その辺りのさじ加減が重要になります。
プロダクトデザイン専攻では、その駆け引きの習得、人前で喋ることに慣れるため、
卒業するまでの間に、多くのプレゼンの機会を与えられます。

今日のプレゼンを見ていると、意外とすんなり喋れる学生さんもいれば、
反対に言葉に詰ってしまう学生さんもいて、人それぞれ
1年生はプレゼンをする機会が、まだまだ何回もあります。
これから経験を重ねていって、大勢の前で堂々と喋る度胸と、カンを磨いていってくださいね!


資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ