そろそろキャンドルナイトの準備にとりかからないとっ!

美専祭も終わり、次のイベントは100万人のキャンドルナイト
美専は2008年冬から毎回参加し、今回が5回目の参加。
 前回の様子はこちら →6月4日ブログ6月11日ブログ

一度も途切れずに、歴代の学生さんが参加してくれるのは、とても嬉しいことです
しかも3チームも手を挙げてくれるなんて・・・
一度も参加したことがない学生さんがほとんどですが、
自分たちの手でつくりたいという、クリエイティブ魂の表れです!

これまでさまざまなチームの作品を見てきましたが、
今回ほどアート志向の強いものを見たことはありません。
規模も大きいので、広いスペースをキャンドルナイト事務局にリクエストしたくらいです。
3チームそれぞれのペースで作業をしています。
全体像をここでお見せしてしまっては、当日の楽しみがなくなりますので、
ほんのちょっとだけお見せしましょう。

 まずは、絵画専攻1年生の女子5人組
 「株式会社 カイガ5」 12/9 西梅田

 キャンドルナイトの出展学生ブログ
 こまめにブログをアップしているので、
 活動内容は、そちらを見てもらう方がいいかも。

 彼女たちは、絵画専攻の科目以外に
 たくさん授業を履修しているので、
 なかなか制作時間がとれないようです
 (それはオープン科目といって、漫画や版画、イラストの授業が
  とれる制度。あくまでも時間割が空いてればってことですが・・・)

 私が見た中で、この日がはじめての作業日でした。
 他のチームよりやや遅れを取っているようですが、
 きっとこれから巻き返してくれることでしょう 期待してます


2番手は、イラストレーション専攻2年生の5人「Candy」

   

組織力と緻密な計画性が光るチーム 準備は実に早く、
6月のキャンドルナイトからじっくり調査開始。
津田光明先生という強い味方をつけ、
着実に作り上げていく様子は、安心して見ていられました。

この上の写真のような作業は、まだ10月の頃。
11月3日の美専祭で、プレキャンドルナイト実施のために、
さくさくと作業を進めていましたよ。美専祭で予行演習が済み、ちょっとした改善点も見つかり、12/9(木)西梅田では、
格段にパワーアップした作品をお届けできます

右の写真は、事前にもらったビンを磨いているところです。
ビンはずっと使いまわしているので、ロウがこびりついたまま
だったりするのです。几帳面な性格が表れている場面ですね
             

 そして3チーム目は、From Astraea
 プリントメイキングとイラストレーション1年生の異色トリオ。

 専攻が違うと時間割も全然違うので、
 なかなか3人揃ってとはいかないようです。
 それでも空いた時間を有効利用して、
 それぞれの作業をこなしていきます
 毎日のように地道な作業を積み重ね、
 みるみるうちに大きな作品が仕上がっていきます

 

このチームが、まず美専の先発隊
12/2(木)茶屋町で、この作品を披露します。

アプローズタワーの西側入り口、
キャンドルナイトインフォメーションの隣
という
絶好の場所に陣取ります。
遠くからでも、かなり目立つはずですよー!
冬は日暮れが早いので、5時くらいから点灯するのだとか。

ところで、このパーツはどの部分になるのかなぁ?
茶屋町の本番まであと2週間、ちゃんと完成するよね
 


資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ