2011年7月アーカイブ

節電モードの夏ですが、ここ数日は涼しいお天気。
まだまだ夏は長いので、体調を崩さない程度に協力してください。
美専でも使ってない教室は消灯し、クーラーの設定温度も抑え、
エントランスのダウンライトをひとつおきに外す等の節電をしています。

夏の定番スイカって、90パーセントが水分だって知ってましたか?
特に今年の夏は、手軽な水分補給として大活躍しそう。
さらに果肉の赤い色素リコピンには、動脈硬化や
がんの原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、
さらに利尿作用を高めるカリウムも多く、
むくみ解消や解毒に役立つ魔法の食べ物。
今年は産地の雪解けが遅かったり梅雨入りが早すぎたりしたせいで、
収穫が少なく値段も高いのが残念ですね。

さて重要なお知らせをひとつ
学校というところは、授業がなくても開いてることが多いのですが、
夏休みと冬休みだけは、ちょっとだけ長くお休みをいただきます。
事務局での証明書や学割の発行、教室の施設使用(学生ラウンジも)なども
一切出来なくなりますので、注意してください。
夏休みに就職活動を頑張る人、実家に帰省する人、遠出して遊ぶ人、
必要なものは前もって準備しておいてくださいよー。
 

<<夏期休暇中の事務取扱の休止期間>>

8月12日(金)ー8月22日(月)、および8月6日(土)・27日(土)

諸証明(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書・学割等)の
発行については、8月9日(火)までに申し込んでください。
※8月10日(水)以降の申し込みは、8月23日(火)以降の発行になります。

 次は9月1日から14日までの集中・補講期間。
 9月15日からは後期授業開始
 補講のある授業は、既に掲示しています。
 個人個人でいつまで休みかは変わってくるので、
 ちゃんとチェックしておいてくださいよ。

 受験生の方も要チェックです
 上記の期間には、学校見学もできませんので、
 前もって予定をたてておいてくださいね。
 8月には、入試関連イベントがたくさんありますから、
 是非ぜひ申し込んでください。

 8月2日(火)体験入学キャンパス見学会
 8月3日(水)鉛筆デッサン教室
 8月28日(日)体験入学キャンパス見学会

  
 ← こちらはイラスト2年生、決めてくれました(*^^)v


2011年7月12日、13日、15日のお昼休み、学内人権研修が行われました。

まず始めに「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、
「アフリカ難民救済」を目的として、1985年7月13日に行われた
20世紀最大の「チャリティー・コンサート」ライヴエイド(LIVE AID)の映像を見ました。

 誰もが一度は聴いたことのある
 「We Are The World」を情熱的に歌っている
 アーティストのライヴを10分ほど見まして…
 
 本題は、「今、あなたはデザイナー、
 アーティストとして何をしますか?」

 2011年3月11日、東日本大震災から
 早いもので4ヵ月も経ちました。

 美専でもチャリティーのために長沢亮先生主催
 「Art Rescue 展」が5月に開催されましたね
 
 
そのときも教員、学生、卒業生がたくさん出品してくれて、
校長をはじめいろんな人が作品をたくさん買ってくれました。

今回の人権研修は、PKD(Peace-Keeping Design Project)の
川崎和男さんの資料をもとに、東日本大震災について
デザイナーに出来ることを学びました。 

PKDとは、紛争地域における問題や衛生問題、貪困問題、
感染症問題、環境問題など解決困難な課題をデザインの持つ
「理想を具体的に目に見える形で提案する」力をアプローチすることによって、
諸問題に対する解決策を見出し、その実現に取り組んでいる団体です。 

デザインディレクターの川崎和男さんはTwitterで
デザイナーの皆に呼びかけをしたり、
東日本大震災に関する各種情報をかきあつめ、
HPに記載したり復興活動にいち早く参加されました。

その中の「災害支援物資分類用ピクトグラムの制作」が
一番身近に感じられました。

被災地に支援物資が大量に送られることを予想し、
現地で混乱が起こらないように誰が見ても
ひと目で判断できる物資別のアイコンです。

配送する段ボールに貼り付けて送るのに利用できますね。
被災地のために物資を送ろうと思う人はたくさんいるけれど、
混乱が起きないように、ここまで考えられるのは
デザイナーならではとっても感心しました

 
 実際、ニュースで、物資がたくさんあっても
  被災者のもとに届いていないという事実がありました

  デザイナー、アーティストという立場で役に立てることは
 探せばたくさんあるのかもしれません。

 学生みんなも自分に出来ることはないのかと考えながら、
 研修を受けているように感じました。今日の人権研修が
 頭の隅に残り、いざという時にデザイナー、
 アーティストの力を発揮できることを信じています 


早くも夏バテになりそうなくらい暑い日が続いていますねー
かと思ったら少し涼しくなったり・・・忙しい天気です。
そして今年の夏はどこに行っても、節電!節電!と聞きますが、
やっぱり一番大事なのは身体です。体調には気をつけて無理しない程度にしてくださいね
 

 さて、美専の夏には欠かせない!
 とも言える恒例の「浴衣まつり」
 もちろん、今年も開催です。

 教室・廊下・トイレ・中庭など、校内の
 いろんな場所で浴衣姿の学生さんに遭遇。
 浴衣ってこんな場所で見れるものだっけ?と
 一瞬考えちゃいますが、そんな事忘れるくらい、
 みんなキラキラしてました。




「浴衣まつり」の主催者は、コンピュータ室
アシスタントの谷口 裕里さんです。
               (後段左から2番目→)

もともと浴衣や着物などの和服が好きで、
1年に1回は着たいなーと思いつつ、
なかなか着る機会もなかったので、
自分で「浴衣まつり」を始めたのだそう。
漫画専攻2年生の時が初で、すでに3年目です。

谷口さんは、着付けもできるということで、
自分で着るのはもちろん、多くの学生さんを
浴衣姿に変身させてくれます。

「今年は例年に比べて、男の子の浴衣姿が多かった。
恋のチャンスにでもなればいいなー」と
谷口さんは嬉しそうに話してくれました。普段とは違う姿って、
かわいさ・かっこよさが倍増しますよね まさに浴衣マジック!            
         
      



 また、デッサンの授業では、浴衣姿でモデルにも
 なっているので、それも目的のひとつだと教えてくれました。
 授業でも活躍するなんて最高のお祭りですね

 前期の授業も残りあとわずかです。
 課題の提出など、締め切りが迫っているものは、
 遅れないように期日を守って下さいね。
 そして充実した夏休みを過ごして下さい

 夏といえば何を思い浮かべますか?
海水浴・夏祭りなど楽しいイベントがいっぱいです。水着や浴衣など、
いつもと違うオシャレをするのも楽しみのひとつですよね
  
 美専では、一足早く夏気分を味わえる授業が・・・
 それは、井土かな子先生担当の
 漫画専攻2年生「漫画制作実習III」
 今日は「着物」がテーマだったのです。
 
 皆さん、着物ってどんなものがあるのか
 知ってますか? 着物は、着ていく場所や
  状況などによって、種類が分かれているのです
 
 まず『留袖(とめそで)』
 これは、結婚式などで既婚者が着るもの。
 黒の生地に鶴などの、おめでたい刺繍が
 されているものが多くあります。


2つめは『振袖』
これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
成人を迎えた女性が着るもので、袖が長くなってます。

3つめは『喪服』
こちらは完全に真っ黒。お葬式用の着物です。

4つめは『訪問着』
名前の通り、誰かの家にお邪魔する時や、パーティーに
行くときの着物です。ちょっと高級なものが多いのだとか・・・

そして最後は『色無地』
これは、旅館の仲居さんが着ているもの。
模様のない無地の状態で、色だけついています。

        
 
 講義が終わると、いよいよ今日のメイン
 井土先生による着付け教室。
 着付け方の特徴やポイントなどを
 丁寧に説明しながら、あっという間に
 浴衣姿の学生を何人も完成させていきます
 
 そして、着物姿の人物スケッチです。
 井土先生は、浴衣姿を絵で表現する時の難しさや
 気をつけること、袖の角度や衿の部分など、
 実際に着てみないと分からないことも教えてくれました。
 


滅多に見れない浴衣姿に、スケッチ中の学生も大盛り上がり
「次、このポーズ!」と依頼が殺到し、
浴衣姿の学生モデルは大忙しの様子。
笑顔いっぱいの時間でした。

今日、着物についていろんな知識を得て、
改めて着物の魅力を知りました。
そして着物っていいなぁと思うのと同時に、
着付けができる井土先生もかっこよすぎると思いました。

皆さんも今年の夏祭りは、浴衣を着てみては!?
8月なら淀川花火大会、PL花火芸術など。
きっといつもの2倍楽しめますよ


大きな脚立を抱えながら、C棟に向かって歩いていく日下部 一司先生を発見
プリントメイキング専攻はB棟での授業が多いのに、今日はC棟で授業があるの!?

 C棟に行くと、なにやら作品がずらり
 実は、7月16日(土)からC棟1階の廊下で
 「版画展」が開催されています。
 この日はその準備だったんですね。

 版画展は、プリントメイキング専攻主催の展覧会で
 「版画 I 」の授業を受けている1年生を
 中心に毎年行なわれています
 準備中でしたが、一足先に見せてもらいました。




1年生は、初めての作品らしいのですが、
どれも個性が感じられる素敵なものばかりでした。

そして2年生も協力出品ということで、
いくつか作品があったのですが、
存在感たっぷりで、おもわず日下部先生も
「さすが2年生!」と一言


展示の練習を兼ねて開催されるこの展覧会。
「美専の学生・教員だけでなく、
キャンパス見学会や体験入学などの行事で、
美専に来るお客さんにも見てほしい。」と日下部先生。



 学内で学生さんの作品が見れるのは、
 すごく嬉しいことですよね。
 廊下を歩くのも楽しくなりそうです

 私も気に入った作品がありました。
 皆さんも是非足を運んでみて下さい。
 素敵な作品に出会えますよ。


 「版画展」
  7月16日(土)ー9月24日(土)
  大阪美術専門学校 C棟1階 廊下
 


<< 1 2 3 4

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ