2012年3月アーカイブ

2月に報告しましたアニメーションや漫画、キャラクターに
関連した受賞やデビューのお話の続きです
コンペに勝ち残るといろんな所へ招待されるという
美味しいこともあるというお話でもあります。

今回は、杜の都、宮城・仙台、そして花の東京で
キャラクター造形学科の4期生、篠原健太姫野暁高山本悠介
アニメ三人衆がドキドキ!ヤッター!
ちょっと残念…という顛末を報告します。

  まずは3月4日、三鷹市芸術文化センター星のホールで
 開催された第10回インディーズアニメフェスタで
 篠原健太姫野暁高制作『おおきな おおきな 水たまり』が
 最終上映作に選ばれ、受賞は逃したものの
 高い評価を受けました
 三鷹といえばジブリのお膝元、ちょっと嬉しい!!

  ←『おおきなおおきな水たまり』


次は3月7日、篠原健太制作『おちばの森で』が
宮城・仙台アニメーショングランプリ2012で
一般部門「優秀賞」を受賞、仙台メディアテークで受賞式、
これまでの受賞と合わせ4冠となりました。
招待で杜の都に乗り込んで…、うらやましいかぎりです。

   
   
             
             『おちばの森で』

   




そして3月18日、TOHOシネマズ学生映画祭で
篠原健太制作『道端の亀』、姫野暁高山本悠介制作『達磨』が
207本のエントリー作品から最終上映12本に選ばれました。
アニメーションは6本、なんと本校の作品が2本も入っていて嬉しいかぎりです。

 
                『達磨』
  
  これらの作品は在学中に制作された
  彼らの第1作と呼べるもので、アニメーション制作の原点です。
  花の東京、お台場シネマメディアージュで上映会、
  レセプションが行われ盛大で熱かった!ということです。

         姫野 暁高

そこで彼らの作品が高く評価されたことは何よりの成果でした。
やっぱり作品は作らないとダメです

この世界は動かないと何も起こらない、カタチにしてこその作品です。
在校生の諸君、新入生の諸君も明日を目指して進みましょう。
「明日はどっちだ…!?」

  投稿 : キャラクター造形学科 N

 
             篠原 健太                           『道端の亀』


いよいよ来週から4月です。
在校生の皆さんは、新しい学年になりますね。
久々の再会で、どんな春休みを過ごしたのか、
お互いに話したいことがたくさんあることでしょう。

新入生の皆さんは、初めての美専生活、不安でいっぱいのことでしょう。
地方から大阪に来て、一人暮らしをする学生さんだったら、
生活のこと、アルバイトのこと、たくさん知りたいことがあるでしょうね。

美専はアットホームな学校ですから、先輩たちはもちろん、
先生たちも丁寧に答えてくれるはずです。
遠慮せずに何でも聞いてみてください

さて学生の皆さんが、4月の何日に学校に来たらいいのか、
ここで確認をしておきましょう。

 新入生の皆さんは、
 4月2日(月)10:30から入学式で、集合は10:10
 場所はグループ校の大阪芸術大学 芸術劇場

 近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅から河内長野行き準急に乗り、
 30分ほどの「喜志」駅で下車してください。
 駅に着いたら、改札口を出てそのまま階段を上ってください。
 地上に出たらロータリーにそってまっすぐ進み、
 横断歩道を越えて、さらに歩いていくと
 「大阪芸術大学専用スクールバス停留所」があります。


会場の芸術劇場への直通バスは、9:00ー10:00までの随時運行で
所要時間は15分ほど。10時以降は芸大入り口バス停までとなり、
そこから会場までは、徒歩10分はかかりますので、
直通バスに乗れるように、時間に余裕を持って来てくださいね。

そして在校生も新入生も、翌日からスケジュールがみっちり。
すでにガイダンス日程を送付しているので、もう確認済みですよね
でも念のためにお知らせします。

 4月3日(火) 専攻別ガイダンス、事務局ガイダンス
  新入生は9:30、在校生は10:10にエントランスに集合
 4月4日(水) 健康診断
  在校生と新入生、男女別で、集合時間が異なりますので、
  きちんと確認しておいてください。
 4月5日(木) 前期授業開始
  履修申告前でもきっちり出席をとりますので、
  遅刻しないように授業に出席してください。
 
 新学期はすぐに始まりますから、出遅れないように
  春休みモードから早く脱出しておいてくださいね。
 ←だって事務局ガイダンス資料を、張り切って準備したんですから。
 新入生の皆さんには、学生証やロッカーキーなど、
 通学定期を買うのに必要な通学証明書も3日に配布します
 とても大切なガイダンスですから、必ず出席してください。
 皆さんの元気な笑顔が、見られるのを楽しみにしています


気分一新☆

2012年3月26日

卒業式が終わったばかりですが、10日後の4月2日には入学式。
学生さんは春休みでのーんびり出来ますが、
学校というところは、今が一番忙しい時期だったりします。

4月に新入生を迎えるにあたり、
時間割や教室割り振りなど授業準備をするのも勿論ですが、
学内のあちこちを整理整頓して気分一新するのも大切なこと。

 美専は芸術系の専門学校ですから、
 普段使いのカルトンや画材がかさばって、
 毎日持ち帰るのは大変ですよね。
 そこで学生さんには入学時から卒業時まで、
 一人ひとりロッカーを貸し出ししています。

 そんなロッカーですが、卒業生が返却時に
 ちゃんと片付けて帰ってくれたかどうか
 本日、庶務係が総点検をいたしました。
 意外にいろんな荷物が残ったままで、
 勝手に捨てるわけに行かず、ほとほと困ります
 

新入生には綺麗なロッカーを使ってもらいたいので、
清掃さんに長年のほこりを拭きとってもらっています。

扉に自分なりのデコレーションをするのは、
個性の表現としてはいいことなのですが、
べったり貼られたシールなどは、はがすのにとても苦労します。

きれいにして巣立ってくれた卒業生さん、本当にありがとう!
何もかも残しっぱなしの卒業生くん、ちゃんとしなさいよ。
新入生の皆さん、ちゃんと綺麗にしますから、
ちょっと待っててください

世界にひとつの作品

2012年3月23日


美専では、春休みを利用して
高校生を対象に体験授業を開催中です

このBISENワークショップでは、
マグカップを作ったり、アクセサリーを作ったり、
漫画を描いたり様々な講座を受けることができます。
その中の一つである、彫金アクセサリー専攻の講座
「七宝焼きをしてみよう」を取材してきました。
今日は高校生だけでなく、
社会人の方も参加していました。


 講座の最初に、彫金アクセサリー専攻の
 富松 泉先生が簡単な説明をして、早速作業開始
 今日の内容は、七宝焼きでペンダントや
 ピンバッチ、ストラップを作るもの

 まず作品の土台となる金属の形を
 選んでいくのですが、ハート型やしずく型など、
 かわいい形をした金属に大喜びの様子。
 「かわいいー」という声がやまず、
 なかなか一つに決められない受講生たち。


 そこで富松先生から、こんな優しい言葉。
 「終わりの時間までだったら、何個でも作ってくださいね

 形が決まれば、ここから制作開始です
 まず富松先生がお手本を見せてくれるのですが、
 慣れない作業に、みんな悪戦苦闘の様子
 色やデザインに悩みながら、黙々と作業を進めます。
 
 でも1時間もすれば余裕の表情が
 受講生同士、仲良く話をしながら作業を進める場面も。


そして1人1個どころではなく、2個、3個と
どんどん仕上げていきます。

時間が過ぎるまで作業を続けた受講生たちは、
自分たちが作ったペンダントに大満足の様子。
「すごく楽しかった!」「もっともっと作りたい!」
など嬉しい感想を聞かせてくれました。

もちろん作った作品は、持って帰ることができます。
手作りのペンダントやストラップ、大切にしてくださいね


3月も後半に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。
みなさんどんな春休みを過ごしてますか?
遊びやバイトなど過ごし方は自由ですが、せっかくの長期休み!
時間を無駄にせず、充実した春休みにして下さいね

相変わらず静かな日々が続く美専。
でもそんな中、A棟2階にあるキャリア支援センターには
就職活動中の学生さんから「合格しました!」と嬉しい報告が届きます。
学生達の頑張りを見てきたからこそ、この報告は本当に嬉しいことですね。

ところで、みなさんは“キャリア支援センター”という場所が、
具体的にどんな所なのか知っていますか?

 学生達の就職活動の支援はもちろんのこと、
 キャリアプログラムI・II・IIIという授業を取り入れ、
 目標の企業に向けて、
 学生達のステップアップを目指します

 さらにカプコンやスタジオジブリなど、
 様々な企業セミナーの開催や、
 夏休み・春休みを利用したインターンシップへの
 参加もすすめています。
 インターンシップで経験した事を活かし、
 就職活動を続ける学生さんや、
 実際にインターンシップ先の企業で
 内定を頂ける学生さんも。

また美専の学生さんの内、約90%がデザイナー職を希望します。
そこで必要になってくるのが“パソコン”の技術
そのためパソコンの短期集中講座や
スキルアップトレーニングなどを行ったりと、
様々な形で学生さんを支援しているのです。

「就職活動は、とにかく早く開始することが大事
今年に関しては、特に厳しい社会情勢の中で学生達は
就職活動を頑張っている。」とキャリア支援センターの本橋さん 

 個人面談や模擬面接も行なっているので、
 就職活動で分からないこと、
 悩んでいることなどがある人はいつでも
 キャリア支援センターに来てくださいね
 そして個人面談をまだ受けていない・・・
 という学生さん、ひとりひとりに合わせた
 就職活動を必ず支援します。
 そのためにも、まずはキャリア支援センターで
 個人面談を受けましょう

 電話番号 06ー6710ー0561


<< 1 2 3 4

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ