2012年11月アーカイブ

再生してみて!

2012年11月30日
こんにちは!
コミュニケーションデザイン専攻3年の菅原です。



「映像表現」の授業の中で制作したCMを
大阪ミュージアム構想の一環で行われている「osaka lovers」
という大阪の良さを伝えるコンペに出しています。
『食』『人』『電車』をテーマに撮りました。
是非、観て下さい♪
http://t.co/xoSPUzST

(総合デザイン学科コミュニケーションデザイン専攻3年生 菅原広司)

あっという間に12月

2012年11月30日

当に最近は昼間でも寒くなりましたね。
12月下旬並みの気温の低さだとか。
そんな肌寒い季節でも、あったかくなれるイベントが

 いよいよ来週水曜日に迫った100万人のキャンドルナイト。
 美専からは、5日の西梅田には2チーム、
 12日の茶屋町には1チーム参加です。
 先発隊の西梅田チームの作品プレゼンが学内で行われました。

 7割の出来上がりという空間デザイン専攻の作品がこちら。
 暗闇に浮かび上がるように作られた立体物
 とても丁寧に制作してあるので、とても段ボールだとは気付きません。
 ミラーシートの特性を利用したロマンチックな作品。


写真で見るより、現場で仕掛けが動く様子をじっくり眺めて下さい。
灯りのもれ具合にも工夫がなされ、日々進化していってます。
リッツ・カールトンホテルの前に陣取りますので、
一番西の端っこまで歩いてきてください。
絶対に損はさせません!自信作です。



一方こちらはグラフィックデザイン専攻1年生。
夏のキャンドルにも参加して、2度目ということで慣れてるチーム。
さて今回はどんなコンセプトで攻めるのでしょうか?

 放課後に毎晩残って、わいわい作業してます。
 ひたすら風船と格闘した2週間あまり。
 寡黙に作業する日もあれば、楽しくはじける日もあり。

 それでも大和ハウスの一番目立つ場所、
 さらに11メートルという巨大スペースを
 美専ワールドに染め上げてくれると信じています。
 これだけ頑張ったんだから、
 当日は大きな感動を与えてくれるはず。

 
あとは当日の快晴を祈るのみ。
今日現在の週間天気予報では、雨の降らない「曇り」の予想。
もし万が一雨が降ってしまったら、翌日に順延となります。
例年より寒いようなで、あったかくしてお出かけください。
西梅田で22時までお待ちしております

 

100万人のキャンドルナイト@OSAKACITY 2012 Winter
 2012年12月5日(水) 西梅田 18:00ー22:00
 2012年12月12日(水) 茶屋町 18:00ー22:00


5つの個性展!

2012年11月29日

 河内松原にある、アート館ポエトハウスに、
 宮口実可子さん(芸術研究科陶芸コース在学中)の
 五人展を見に行きました。
 
 5つの個性展 ーFive Individuality Exhibitionー 
 2012年11月14日(水)ー11月18日(日)
 13:00ー18:00(最終日17:00まで)
  <展覧会は終了しました>

 国道沿いから一歩中に入ると、
 周辺は稲刈りが済んだ切り株から青々とした新芽が。
 のどかなところにある画廊です。


今回の企画展は、オーナーの西田さんが、
大阪芸術大学芸術計画学科二年生の飯田裕生さんに
声をかけ実現したグループ展です。

飯田さん自身が学生オークション等を見て、
日本画・洋画・銅版画・陶芸とジャンルも様々な
四人の若い作家に出品を依頼し実現しました。

 企画展のコンセプトは、
 「美術に限らず創作を志す若者は、
 まず自分のお手本となる芸術家の作品の
 ものまねから始めるのが常道だと思われます。

 自分独自のスタイルを確立するまでの期間は、
 作家により個人差があり、
 若くして個性的な表現方法を手に入れること自体が、
 必ずしも価値があるわけでありませんが、
 そのために努力していることはよいと考えます。

 今回独自の表現を目指し、ひび研鑽を。
 まだまだ発展途上ではありますが、
 彼ら若き作家の作品にそれぞれの個性を見いだして、
 今回の展覧会を企画しました。」とあります。

宮口さん以外の三人は、大阪芸大の学生で、
それぞれ力作が展示されていました。
若者らしく真正面に作品づくりに
取り組んでいる作品には好感が持てました。
この気持ちをいつまでも持続して
制作して欲しいと思いました。

宮口さんは出品した「青い芽」について、
「自作を客観的に見て、もっとフォルムを
美しく見せる方法を考えねばと」と語ってくれました。

企画展に招待され、最初は戸惑いもあったようですが、
参加して少し自信がついたようにも見受けられます。
さて修了制作も最後の追い込み、
より以上の力作を期待しています。 

(陶芸研究室) 
 


ワイワイ賑やかな美専祭が11月3日、文化の日に開催されました。
この楽しさを一般の皆さんに紹介しようと、
美専の学生がリポートするのが恒例です。
グループ校から芸大テレビの取材が来て取材し
地上波で放送することになっています。

 今年の学生リポーターは、キャラクター造形学科
 アニメーション専攻1年生 田邉智子さん
 とても笑顔の素敵な学生さんなのですが、
 何といってもマイクを握るのは初めてです
 それでも何度かセリフを繰り返すうちに、
 慣れてきてスムーズに話せるようになりました。

 まずはオープニング撮り
 次は実行委員長末永沙也香さんにインタビュー!
 マイクの向け方、タイミングなど気をつけることがたくさん。



そうすると逆にセリフがおろそかになってしまいます
そばで見守ってるだけでも大変なことが伝わってきました。

いよいよ模擬店や物販コーナーのリポートへ。
食べながら話すってのは本当に難しいことで、
グルメリポーターさんってすごいって思えますね。

芸大テレビの取材にサポートしてくれた
放送学科アナウンスコースの学生さん
いつも苦労しますよって教えてくれました。 

最後にナレーション録りを行い、
ようやくリポートは終了しました。
慣れないことだったのに、
本当によく集中力が続いたと思います

この美専祭の模様は、
地上波番組「大阪芸大テレビ」で放送されます。
奈良テレビなら11月30日(金)なので、
要チェックですよ。お見逃しなく

<放送時間>
奈良テレビ  毎週金曜日 夜9時30分
サンテレビ  毎週金曜日 深夜0時35分
テレビ和歌山 毎週土曜日 夜10時45分 

笑いありの展覧会

2012年11月27日

美専ギャラリーでは、11月26日(月)から
映像専攻空間デザイン専攻の展覧会が開催中です
これは夏休みに郡上八幡へ行った、
2専攻合同研修旅行の作品展です。
研修旅行の様子はこちら→10月11日美専ブログ


 早速私も見に行ってきました。
 写真や手書きの絵など、素敵な作品が並んでいる中に
 時々思わず笑ってしまうおもしろい作品も混ざっているので、
 見ていて楽しかったです

 そして普段はあまり見る機会のない、
 先生たちの作品もたくさんありましたよ。
 貴重なので、美専の学生には是非見てほしいですね。



また、ギャラリーにはモニターがセットされ、
旅行中の様子が映像で流れています。

そこには、郡上八幡の自然や観光地などを
写真におさめようとカメラを構える
学生たちが映っているのですが、
真剣に写真を撮ってるなーと思えば、
オフショットもあったりと、学校生活の中では
なかなか見れないような姿がいっぱい。

他専攻も含め、今まで写真でしか見たことがなかった
研修旅行の様子を、こんな風に映像で見るのは初めてなので、
新鮮ですごくおもしろかったです
学生たちの作品とこの映像を見て、
私も郡上八幡に行きたくなりました。

美専は、それぞれの専攻ごとに独特のカラーがありますが、
この展覧会でも、2専攻の素敵なカラーをたっぷり味わえます。
時間のある方は、是非足を運んでみてくださいね。

そして、空間デザイン専攻の作品が
1年生の分しかなかったので、
担当の齋藤 信先生に聞いてみると、
「2、3年生は、ほかの授業の課題等が手一杯で…
特に3年生は、卒制審査がもうすぐあるから
今日も朝早くから頑張ってたよー」とのことだったので、
そちらの様子もまたブログでお伝えする予定です。
楽しみにしていて下さいね。

郡上八幡の旅
11月26日(月)ー12月1日(土)
9:00ー17:00
大阪美術専門学校A棟1階ギャラリー


<< 1 2 3 4 5

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ