陶芸家に挑戦!

 陶芸専攻は、12月16日・17日、
 学生3名と教員2名で毎年恒例となっている
 大阪芸術大学附属幼稚園4園の
 作陶教室
のお手伝いに行ってきました。
 いつも急に冷え込んでくる季節ですが、
 園児たちはとても元気でした。


 






いつもは、教えてもらう立場の学生ですが、
ここでは教える立場になるということで、
最初の照が丘幼稚園では
少々緊張していました。



 しかし!心配ご無用。
 園児たちのパワーと可愛らしさで
 緊張も吹き飛びました。
 小さな手で、
 一生懸命粘土を形にしていく様子は、
 創造の喜びを改めて感じさせるものでした。

 
 

たくさんの園児たち、
お茶碗を作る子、コップを作る子、
鉛筆立てを作る子、宝物入れを作る子・・・。
思った通りに出来なくてやり直したり、
思いの外上手く出来て、
模様を描くのに夢中になったり、
それぞれ個性が出て面白かったです。






 そして教えてもらったお礼に、
 と、園児からの歌のプレゼント!
 一生懸命歌う姿に感動しました。




学生の感想も、
「私より上手かった」とか「いい勉強になった」とか
「楽しかった」というもので、
本当にいい経験になったと思います。
「陶芸」というものが、
子供から大人まで幅広い人たちに体験出来る「ツール」で
あることも実感したのではないでしょうか?
きっと、これからの制作に
いい影響を与えてくれると思います。

(陶芸研究室 大原千尋)
 


資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ