2014年8月アーカイブ

 7月29日(火)13時から、
 大阪芸術大学20号館101教室において、
 ジャンプSQ.編集者による
 「第4回ジャンプSQ.
 美大・芸大スカウトキャラバン
」が開催されました。

 今回の参加者は美専・芸大・芸短で
 漫画やイラストを学ぶ学生たち30名。
 本校からは総合アート学科マンガ専攻
 2年生の神崎奈央子さん、甲斐真亜子さん、
 1年生の岩佐龍馬さん、藤山綾鼓さん、住谷佳耶さん
 高橋一芳さん、安明洋さん、松倉健人さん、朝野実世さん、
 コミックイラスト専攻1年生の北村朋美さん、堤下真希さん
 総勢11名が参加しました。




今回はネームの相談がメイン。
一人数十分ほどの短い時間とはいえ、
キャラクター、テーマ、コマ割り、構図、台詞など、
それぞれの課題をピンポイントで
アドバイスしてもらいました。




 中には「リテイクしてもう1回持ってきて」
 「完成原稿を見せにきて」と言ってもらい、
 モチベーションがぐっと上がった学生も。
 
 神崎さん以外の学生は
 編集者とマンツーマンでやりとりするのは初めて。
 今回の貴重な経験を糧に、
 デビューまで一直線に進んでほしいものです。
  (総合アート学科 林 日出夫)

 本学キャラクター造形学科漫画専攻
 卒業生の星野末さん(PN)が、
 講談社新雑誌研究所
 “24時間365日新人賞”に入選しました。

 星野さんの作品
 『TROUBLEーOFFICER』は
 あらゆることに過剰反応して、
 全人類に重厚を突きつける
 ボディガード・冷和が主人公。
 
  絵のうまさとブッ飛んだキャラクターが
 編集部で評価され、
 同・新人賞初の入選作となりました。

 新雑誌研究所は
 次代のハイ・クオリティ少年誌の創刊を目指して
 開設されたもの。
 
年末に全投稿作の中から1本が選出され、
来春創刊予定の新雑誌への連載権が
確約されるだけに期待大。

星野さん、是非とも連載作家になって下さい!

(総合アート学科 林 日出夫)

夏休みです。

2014年8月 7日

 7月28日(月)で
 前期授業も終わり、
 29日からは夏期休暇。

 しかし閉館される事務一斉休暇までの間、
 学生達は課題や宿題、
 ポートフォリオ制作やらにやって来ます。

 自宅や下宿よりも学校の方が
 広くて涼しくて作業がしやすい!
 友達も居るしね!

 







先週行われた
恒例の「ゆかた祭り」の写真です。
22日から26日の間行われました。
それぞれにゆかた姿で授業に出席します。
趣があっていいものです。
 
(総合デザイン学科 畑 卓也)


 












 〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇

「ゆかた祭り」のスペースを
少しお借りしまして…

事務局の夏期休暇のご案内です。
証明書や学割の発行、教室の施設使用(学生ラウンジも)なども
手続きが出来なくなりますので、
学生さんは注意してくださいね。

<<夏期休暇中の事務取扱の休止期間>>
8月9日(土)ー8月19日(火)
および8月2日(土)・23日(土)・30日(土)

諸証明(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書・学割等)の
発行については、8月5日(火)までに申し込んでください。
※8月6日(水)以降の申し込みは、8月20日(水)以降の発行になります。 

 前期授業も終わり、夏季休暇に入った初日、
 空間デザイン専攻では
 平成26年度の特別講座として、
 2年次生全員、
 株式会社イトーキ関西支社大阪ショールーム
 インターシップミニ版
 営業推進室の吉松様に企画していただき、
 しっかり研修して来ました。

今年もたいへん暑い日でした。
しかし全員まだ少し着慣れないスーツ姿で、
集合時間少し前には皆いっしょに現地集合しました。

しっかり冷房の効いたSTUDIO-2では
関西支社長の吉村様のご挨拶に始まり、
原田様のレクチャーで「店舗内装事例」、
山村様のレクチャーで「建材商品事例」、
そして坂本様のレクチャーと、吉松様の案内で
「ライブオフィス、情報セキュリティーコーナー見学」を
学習と体験しました。
 

 株式会社イトーキの素晴らしいところのひとつは、
 毎年すべてのフロアに
 何らかの新しい提案がしてあります。
 毎回進歩しているのです。

 オフィス環境を提案している企業としてのプライドでしょうか。
 ライブオフィスと銘打つのも理解出来ます。

 各フロアが異なったコンセプトで構成され、
 それぞれのフロアで実際に多くの社員さんが
 仕事をしているのです。



学生たちは大きな企業の立派な建築物のなかに
存在している自分と、
実際に仕事をしている情景を
近くで見る事が出来て大喜びでした。

最後の質疑応答もたくさんの質問がとびだし、
コーディネートしてくださった吉松様も喜んでらっしゃいました。


 夏季休暇があけて、
 後期授業の最初の課題のオフィスデザインにも
 おおいに参考になると思います。

 よい特別講座になったと思います。
 丁寧に挨拶とお礼をしてから、イトーキ関西支社の玄関で
 記念写真をして撮って現地解散です。


し・か・し、
全員が引率の齋藤のあとをぞろぞろついてきます。
そして、
何か「おなかがへった」「のどがかわいた」と
聞こえてきます。

齋藤は膝が故障しているので、
走って逃げるわけにもいかず、
特別補習は大阪ミナミで飲食店舗の研究です。
さきほどのキラキラしている表情から
ニコニコしている表情に変化したのは
どういう事でしょうか。
 
とりあえずおなかもいっぱいになった事ですし、
夏季休暇明けの元気な再会を約束して、
ほんとの解散をしました。

学外実習の日は、
自宅に到着したら引率者にメールを送るという
空間デザイン専攻のルールもしっかり守られ、
全員無事に特別講座を修了しました。

(空間デザイン専攻 齋藤信)


 7月19日(土)から21日(月・祝)までの三日間、
 あべのハルカスで
 『ハルカスはじける夏祭り』
 
が開催されました。

 ウイング館屋上(10階)で行われた
 『ハルカス縁日』では
 大阪芸術大学が似顔絵ブースを出店。

 同イベントは午前10時から午後8時まで行われ、
 大阪美術専門学校からも
 キャラクター造形学科アニメーション専攻
 卒業生の越智ありさ
さんが
 初日午後5時からと二日目午前10時から
 助っ人として参加しました。
 

 

越智さんは在学中から
『2013食博覧会・大阪』や『大阪ウォーク2013』の
似顔絵コーナーに参加。
今回もかわいいタッチの似顔絵で
人気を集めていました。

残念ながら二日目は雷雨のため、
縁日自体が早めに中止になってしまいましたが、
越智さんは笑顔を絶やさず10人以上の
似顔絵を仕上げてくれました。

(総合アート学科 林 日出夫)  


<< 1 2

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ