2015年4月アーカイブ

フォトグラファーとして活躍中の
和久光代さんからメールをいただきました。
和久さんは、プリントメイキング専攻の卒業生です。
以前、キャノンの仕事をすることになったと
聞いていたのですが、
その仕事に関しての内容でした。
ご本人に了解を得たので、メールを紹介します。

------------------------------------------------------------------------

こんばんは。
一気に春ですね。お元気でらっしゃいますか?

先日お話ししていたキャノンの仕事、
ようやく動き始めました。

今回、朝日新聞出版より刊行された、
EOS Kiss新機種発売特典についてくる、
カメラの使用説明本を担当しました。


 「子育てとカメラのいい関係」ということで、
 3人の現役母親カメラマンが、
 新機種を使って子供やお料理などを
 撮影した本になっています。
 新機種のダブルズームキットの購入特典で
 2万台限定でこの本がついてくるのですが、
 普通に書店で販売もされます。
 そろそろ書店にも並ぶ頃かと思います。




また、キャノンの公式ホームページで、
母カメラマンの映像も流れています。
良かったら覗いてみてください。
http://cweb.canon.jp/eos/special/kisssp/book.html

子育てに追われながらでしたが、
とてもやりがいを感じる仕事でした。
今しかできない貴重な時間を、
我が子とともに過ごせたことは幸せです。

全く触っていなかった私のホームページも、
ようやく少し更新しました。。。

それでは、またお会いできる日を
楽しみにしています!

和久光代
------------------------------------------------------------------------

和久さんのおしゃべり映像も
Canonのホームページで紹介されています。
お話がとても面白いです。
ちなみに、
和久さんのホームページは→ http://www.kiharamitsuyo.com/ です。
ぜひ、のぞいてください。

〈総合アート学科 プリントメイキング専攻教員・kusa.〉
 


初出品で受賞!

2015年4月18日

4月4日、桜が満開の大阪市立美術館に
陶芸専攻の学生達と
展覧会を見に行ってきました。
その時の様子をつづったメールが
出展者の本原靖康さんから届きました。

******************

今年も新美工芸会展
3月31日(火)から4月5日(日)まで
天王寺の大阪市立美術館で開催されました。


 美専からの出品は
 私、本原靖康(2006年研究科陶芸コース卒)と
 杉町淳美さん(2004年研究科陶芸コース卒)でした。
 
 展覧会の5日目の4月4日(土)に
 伊藤先生と1,2年の学生さん達が
 ガイダンスを終えて会場に来られました。
 
 当日杉町さんは陶器市に出店されていたので、
 私が杉町さんの作品も併せて説明しました。
 




杉町さんの作品「収穫のよろこび」は
「ひもづくり」でとても大きな作品です。

特長は底の部分がとても小さいのにだんだん広がり、
上の部分とうまくバランスがとれています。
そういうことも美専で教わったことを
生かして創られたそうです。

杉町さんの作品は
大阪市立美術館館長奨励賞を受賞しました。
 

 
 
 
 次に私の作品
 「紅地彩色花器・回遊II」について
 伊藤先生から説明がありました。、
 上絵の入れ方、模様の大きさについて、
 また底の部分をもう少し丁寧にした方がよいと
 アドバイスを受けました。

 その後は皆さんそれぞれに会場内の作品を
 熱心に観て回られました。
 
 





私は主催者側になるのですが、
今年の作品は力作が多いように思われました。
特に陶芸部門は優れた作品が
とても多く充実した展覧会に
なったのではと思っています。
 
今年、観に来られた学生さんたちも
いずれこの新美工芸会展を含めて
色々な公募展に出品されるようになれば
良いのではと思っています。

******************

本原さん、杉町さん、
来年も力作を期待しています。      
 (陶芸研究室)


資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ