2017年7月アーカイブ

 毎年、本学から大阪芸術大学に
 編入する学生がいます。
 
 夏休みを控え、
 そろそろ大学の雰囲気に
 馴染んできた頃でしょうか。
 今回はそんな編入生の話題です。
 


大阪芸術大学キャラクター造形学科では、
作品展示の仕方やポートフォリオのつくり方などを学ぶ
プレゼンテーションの授業があります。
 
その授業を履修している学生たちは、
数人ずつのグループに分かれ、
それぞれテーマを決めて、グループ展を行います。
 
本年3月に本学を卒業した近藤早映さんも、
8月21日(月)から27日(日)まで、
大阪市北区のモノコト(中崎西1-17-11)で行われる
『新旧干支物語』に出展します。
場所は地下鉄谷町線中崎町駅??番出口より徒歩5分。
時間は正午から午後7時(最終日は午後5辞)まで。
7月23日(水)は休廊です。
(コミック・アート学科 林 日出夫)
 

7月28日(金)で前期授業も終了!
翌日29日からは
待ちに待った夏期休暇が始まります!

アルバイト!友達との時間!
帰省!昼寝!旅行!
作品制作!などなど…
色々な夏がありますが、
みなさん、お元気で。
楽しい夏休みをお過ごしください!


 〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇。〇」〇


事務局の夏期休暇のご案内です。

証明書や学割の発行、教室の施設使用(学生ラウンジも)なども
手続きが出来なくなりますので、
学生さんは注意してくださいね。

<<夏期休暇中の事務取扱の休止期間>>
8月12日(土)ー8月22日(火)
および8月26日(土)

諸証明(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書・学割等)の
発行については、8月8日(火)までに申し込んでください。
※8月9日(水)以降の申し込みは、8月23日(水)以降の発行になります。

 プリントメイキング専攻2年生
 関棋元(カン キゲン)さんと
 丘乃安(キュウ ナイアン)さんの展覧会です。

 関さんは中国、丘さんは台湾からの留学生で、
 プリントメイキング専攻の2年生です。
 
 このたび「相似形」というタイトルの展覧会を
 本校展示ギャラリーにて開催しています。



形状の似たものを、
お互いにモチーフとして選び並置することで、
2点1組のコラボレーションとして
成立することを目指した作品展です。
14日の金曜日までですが、どうぞご高覧下さい。

プリントメイキング専攻では、
前期の授業「プレゼンテーションII」
「卒業制作I」を中心に、
他者と関わる一つの方法として展覧会を行い、
自分自身の表現について追求します。
前期にこの展覧会を行い、
後期は卒業制作へと展開していきます。



関棋元・丘乃安「相似形」
2017年7月8日(土)?14日(金)
9時から17時(最終日15時)
大阪美術専門学校展示ギャラリー

ホームページもあるので、のぞいてください。

関棋元→http://esssssrrr.wixsite.com/esther
丘乃安→http://annann0713.wixsite.com/qiiu

(版画研究室)

 6月20日火曜日の1・2限、
 A棟004教室において
 大阪芸術大学デザイン学科
 デザインプロデュースコース
 客員教授・吉良俊彦先生の特別講義
 『マンガデザイン
 その未来と可能性について』
が行われました。

 今回はマンガコース、コミックイラストコース、
 アニメコースで学ぶ学生たちを中心に、
 1・2年生約70人が参加しました。



広告やファッションの業界で
長く仕事をしてきた吉良先生ご自身が、
「マンガの技法を活かせる仕事が
マンガ家だけではもったいない」と、
2011年にマンガデザイナーズラボを設立。
マンガデザインという言葉自体は、
まだまだ一般に浸透しているとは言えませんが、
デザインの領域にマンガの技法を活かし、
ビジュアルだけで見せるノンバーバルな作品は、
国内のみならず海外でも注目を集めています。

また、マンガデザインの活躍の場は、
平面にとどまりません。
スマホの縦スクロールへのいち早い対応はもちろん、
マンガデザインモーションと呼ばれるテレビCMなどの映像と、
常に新しいフィールドを切り拓いています。

 10分の休憩を挟んで約180分、
 発想法から仕事に対する意識づけまで、
 さまざまなことを学んだ学生たち。
 映像でマンガデザイナーズラボが
 手がけてきた実績を見る目は、
 いつしか羨望から目標に変わっていたような気がします。
 (コミック・アート学科 林日出夫)
 

資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ