美術・工芸コースの展覧会、版画さん

 この展示は、
 版画に敬意を表す意味も込めて
 版画さんと名付けました。
 
 美術・工芸コース2年版画
 前期・専門実習の着地点としての
 三人展です。


4 月5 月6 月の3 ヶ月間の試行錯誤。
各自が自発的に版種・テーマ・制作点数を、
計画的に吟味してすすめました。
結果、課題を出す人( 先生) と、
それをこなす人 ( 生徒) のやりとりだけでは生まれない
作品制作の意気込みを感じています。

 版画には、
 版を用いてのみ可能な表情が確かにあって、
 版画を選択した彼らは、
 そこに魅力を見出した三人です。
 しかし興味や嗜好性のベクトルはバラバラでした。
 それゆえに自分の特異な面の発見もあったようです。
 それは「どんな版種を選ぶのか」から始まります。


本来なら、版画作品を鑑賞するために
作者の言葉の補助は必要ありません。
むしろ、言葉を介することで誤解が生まれたりもします。
しかし、作品の意図が歪まない程度に
彼らが最近気になっている事柄を
文章化してもらいました。
コミュニケーションの道具として美術を捉えた時、
制作を含む今の私を言語化することも
必要となるでしょう。

作品・展示方法・印刷物( 文章を含む) 空間全体から
三人の今と、想いを
感じ取っていただければ幸いです。









(美術・工芸コース 野田 広人)

版画さん
2018.07.12 ( 木) - 07.19 ( 木)  ※ 日・祝日休み
9 時 - 17 時 ※最終日は 15 時 まで
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校展示ギャラリー


資料請求

芸大ブログ

大阪芸術大学短期大学部ブログ

月別 アーカイブ